氏神様は太刀八幡宮

1200年の歴史を紐ときます

太刀八幡宮の境内社 ⑧厳島神社の碑文解読

以前太刀八幡宮境内社を調べて、ブログで公開しています。

 

その中の厳島神社境内社を調べた時、刻まれた長文の碑文について紹介しました。

 

goodlightsato.com

 

この時のブログの中では、全文を解読出来ずに終わりました。

 

正面から見て、左側面写真

 

背面写真

 

正面から見て右側面写真

 

その後、内藤宮司さんから、「朝倉市の文化生涯学習課 文化財係にお願いすると良いよ」というお話を頂き、連絡してみたところ、さっそくNさんが太刀八幡宮に足を運んでいただき、なんと拓本をとっていかれました。

 

拓本をとる作業の前には、まずお酒を奉納して、手を合わせていました。👏

 

作業中の写真

f:id:goodlightsato:20240209123500j:image

 

そして、先日解読内容を送って頂きました。

 

送付文も含めて、全文引用します。

 

読めない箇所や読み方があっているか不確かな箇所もあり、凡そこれくらいの意味というところでご了承頂ければ幸いです。

 

【意訳】

この弁財天を勧請したのは、秋月種実の代々の家臣、師岡勘次兵衛である。

天正の頃(一五七三~一五九一)の秋月城落城の際には夜須郡依井村に住んでいた。

南筑の生葉郡吉井の市に商用があって、この往来の大庭村平田というところに来て、

文禄年中(一五九二~一五九五)に住宅を移し、数百〇を耕地にした。霊験によって弁財天を進んで崇敬した。

元和年中(一六一五~一六二三)に三代の孫、九郎左衛門 惣兵衛 市次良は各々大隅に住居を替え、別に相続した。

凡そ二百十有余年、絶えていたが、八世の孫、社地のこの地に移して新たに石の玉殿(祠)を造営し、神処を飾り奉って、子孫繁栄・五穀豊穣の長久を祈るものである。

 

願主 師岡姓産徒

石工 筑後 山北村 ○○ 平沢辰諄

享和元(一八〇一)年 辛酉 朔且

 

 

歴史を感じますね。

このお社が出来たのが、223年前になりますが、由来は更にさかのぼり、1590年代というと430年前には、弁財天さんを崇拝していた事が分かります。

 

そして、このお社は他の境内社と共に、大正15年(1926年) 太刀八幡宮遷座することになりました。

 

神社庁提出書類より

大字大庭字平田に祭祀ありしを大正15年12月11日許可を得て移轉合併す 

 

境内社遷座の歴史については、以前のブログを参照していただけるとありがたいです。

 

goodlightsato.com

 

神社合祀という政策により、遷座することになったとはいえ、現在このお社は、太刀八幡宮に敷地内に鎮座して、約100年になります。

 

長年にわたり、信仰の対象となった弁財天さんは、今も太刀八幡宮に鎮座しているのです。

 

その歴史を知り、弁財天さんにご挨拶出来ることは、私にとって至極の喜びです。😊

 

この喜びを多くの方と共有出来ればありがたいです。

 

自分では,解読出来ない碑文を、今回朝倉市文化財係のお助けにより、その内容を知ることが出来ました。

 

本当にありがとうございました。🙇‍♂️

 

 

 

太刀八幡宮の鎮守の森 明治神宮に学ぶ

フクロウ🦉が住んでいる太刀八幡宮の鎮守の森は、生物多様性に富んだ森🌳と言えると思います。

 

フクロウが生息する為の餌となる小動物がいて、その小動物達が食べる虫などがたくさんいて、生態系が整っているんでしょうね。

 

鳥の巣穴?

f:id:goodlightsato:20240204111500j:image
f:id:goodlightsato:20240204111504j:image

 

 

この鎮守の森も、一部は竹が繁殖したり、杉を植えた所は間伐をしていないので、ひょろひょろとした杉林(線香林ともいわれています)になっていて、手入れを必要としているようです。

 

西の参道の楠の大木 この西の参道付近からフクロウの鳴き声がしたんですよね。

f:id:goodlightsato:20240204111616j:image

 

西の参道入り口の椋木
f:id:goodlightsato:20240204111623j:image

 

社務所裏側 竹が繫殖している
f:id:goodlightsato:20240204111626j:image

 

本殿 東側 線香林
f:id:goodlightsato:20240204111620j:image

 

先日、長老のお話を伺った時、杉がお金なるからといって、植樹した時期があったようです。

 

ボランティアで竹を切ったり、下草を刈ったりしている方もいますが、一人の力だけに頼るのではく、多くの方の力で、鎮守の森でありながら、氏子の方々が集える心地の良い森を作っていけたらいいのでしょうね。

 

参考となった絵本

 

図書館で「100さいの森」松岡達英著という絵本を読ませていただきました。

 

表紙裏には次のように書かれています。

高層ビルが立ちならぶ東京のど真ん中になぜこんな大きな森があるのでしょうか。その「なぞ」を知るために3羽のヤマガラたちといっしょに森へいってみましょう。

 

養武孟司氏推薦

大都市の東京に、明治神宮の百年の森。これは奇跡です。それも人口の森ですよ。

 

 

明治神宮の森は、大都会の中で太古の昔からあるような姿をあらわしていますが、その歴史は約100年ほどです。木のまばらな荒地に、明治神宮の創建が始まり、鎮守の森づくりの役を担ったのは、本田静六とその弟子の本郷高徳、上原敬二の三人の林学学者でした。

 

日本全国から10万本もの樹木の寄付が集まり、全国の青年団のべ11万人のボランティアが参加した、一大プロジェクトとなったようです。

 

私がもっとも感動したのは、この3人の林学学者達が、100年先、150年先とこの鎮守の森が育っていくように設計し、この森が博士たちが考えた以上に、早く豊かな森に育っていったということです。

 

太刀八幡宮の鎮守の森の設計

 

太刀八幡宮の鎮守の森を今後どのようにしていくのかは、林学学者とはいわないまでも、鎮守の森を勉強し、なおかつ氏子の方々の憩いの場とは何かを考える方々が必要なのではないかと思います。

 

三人寄れば文殊の知恵 

 

ゆっくり時間をかけて、色々な鎮守の森を見学し、美しい森・神社のための設計を行えたらいいですよね。

 

私も微力ながら、勉強をはじめていきます。

 

😊 🦉

 

 

太刀八幡宮の祖祖宮 薦(こも)神社

令和6年1月20日 カミさんと薦神社を訪れ、参拝しました。

 

薦神社は、大分県中津市にある古い神社です。

 

太刀八幡宮と薦神社は、標題にも書いた祖祖宮(祖宮の祖宮という意味)という関係です。

 

太刀八幡宮の創建は、教育委員会設置の案内看板には、次のように書かれています。

弘仁14年(823)、豊前国宇佐八幡宮の霊を移し、社殿を建て「太刀八幡宮」とした。

 

つまり、太刀八幡宮の祖宮が、八幡総本宮 宇佐神宮になります。

 

宇佐神宮のホームページの由緒には、次のように書かれています。

八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

 

そして今回参拝した薦神社は、宇佐神宮の祖宮と言われています。

 

ウキペディア薦神社には、次のように記載されています。

ja.wikipedia.org

全国八幡宮総本宮である宇佐神宮祖宮といわれ、承和年間(834-848年)の創建と伝える古社である。

人間でいうと、太刀八幡宮のおじいちゃんおばあちゃんにあたる神社ということでしょうか。

 

また神社で頂いたパンフレットの由緒には、次にように書かれています。

薦神社は大貞八幡宮とも称され、霊地である三角(御澄)池を内宮、社殿を外宮と仰ぐ由緒正しい八幡の古社であります。ご社殿の造営は承和年中(834-48)と伝えられていますが、歴史は遥かに遡り、八幡大神権現にかかわる上古以来の歴史を刻むものであります。

 

早速、当日撮影した写真を見ながら、案内させていただきます。

 

風格のある看板岩です。

f:id:goodlightsato:20240127183456j:image

 

駐車場から出迎える一の鳥居と狛犬です。

f:id:goodlightsato:20240127183503j:image

 

参道を進むと、ひときわ大きな神門が出迎えます。

この神門は、国の重要文化財に指定されています。

この門を通り抜けることは出来ませんでした。

この神門の手前を左に進むと社務所、拝殿へと進むことになります。

この写真に写っている、神門の右側が本殿になります。


f:id:goodlightsato:20240127183450j:image

 

外宮である本殿正面からの姿です。
f:id:goodlightsato:20240127183510j:image

祭神は、太刀八幡宮そして宇佐神宮と同じで、応神天皇八幡大神)、比咩大神宗像三女神)、息長帯比売命神功皇后)です。

 

社務所の巫女さんにお伺いしたところ、まず左の拝殿を参拝し、次に右を、最後に真ん中の拝殿を参拝するとのことでした。

 

小雨の中、参拝させて頂きました。👏

 


f:id:goodlightsato:20240127183513j:image

真ん中の拝殿の写真です。

賽銭箱に刻まれている社紋は、初めて見る一つ巴紋です。

太刀八幡宮の社紋は右三つ巴紋です。

以前のブログで紹介しています。

goodlightsato.com

 

ウキペディア薦神社には、社紋として次のように書かれています。

一つ巴。元来、巴紋は水に由来する紋で、宝器の勾玉、魂、命に関連する。宇佐神宮の三つ巴に対して、一つ巴であることから、宇佐の祖宮の一つと考えられている薦神社は、本来は宗像三比売大神ではなく、別の、あるいはその中の一人の比売大神(たとえば中津宮湍津姫神)を祀っていたのではないかという説もある。

 

外宮の参拝を終わり、内宮に移ります。


f:id:goodlightsato:20240127183453j:image

 

三角池の中の鳥居です。
f:id:goodlightsato:20240127183527j:image
f:id:goodlightsato:20240127183446j:image

 

案内看板の一部を引用します。

池は、三角池(みすみいけ)と呼ばれ、池そのものがご神体である。三角池に自生する「真薦(まこも)」を刈り取って、池の中の敷島で乾かし、宇佐八幡宮のご神体である「御枕」にしたという。

 

薦神社が祀る八幡神は、池の守り神でもあったといわれる。

 

真薦(まこも)は、イネ科の多年草です。

ウキペディアには、食用や漢方薬としての効能の他に神事として用いられていることが記載されています。一部引用します。

ja.wikipedia.org

古事記万葉集にも登場し、神の宿る草とされ神社の「しめ縄」や「茅の輪」の材料とされた。

出雲大社では毎年6月に「マコモの神事」が行われる。「出雲の森」から、御手洗井までの道中に清い砂を敷き、その上にマコモが置かれ、宮司はその上を歩いて参進する。宮司が踏んだマコモは御神威が宿るとされ、参拝者は持ち帰って神棚に飾ったり、浴槽に入れたりする。

 

朝倉市近辺にも、自生している所があるのでしょうか?

 

そして池のほとりに、八幡神の足跡が残っている石を見ることができます。

f:id:goodlightsato:20240127183523j:image
f:id:goodlightsato:20240128203141j:image

 

内宮を離れたところにある、可愛い顔の狛犬さんです。
f:id:goodlightsato:20240127183500j:image
f:id:goodlightsato:20240127183506j:image
f:id:goodlightsato:20240127183520j:image

 

 

神計画(はからい)を感じたごみ拾い

 

神社に到着した時は、小雨が降っていました。

そもそもこの日は、雨の予報でしたので、傘を持っての参拝になりました。

 

外宮の参拝を終わり、内宮の池を参拝する時には、雨もほとんど降っていませんでした。

 

内宮の鳥居で参拝の後、せっかく来たのだから、ご神体である池を一回りすることにしました。

 

はっきりした遊歩道があるわけではありませんでしたが、人が通った跡が途中まであり、そこから車道横の歩道を歩いて一周したのです。

 

そして、歩き始めた時から、ごみが落ちています。

 

あいにく、ごみ袋になるビニール袋を一枚も持っていなかったのですが、持っていたビニール傘を逆さにして、ごみを拾い始めました。

 

結局一周を終えた時には、傘いっぱいのごみを拾うことが出来ました。

 

途中柵があって拾いきれなかったごみも多数ありましたが、少しはご神体の周りを綺麗にすることに貢献出来て良かったなーと喜んでいます。

 

それにしても、雨が降っていたら、きっとごみを拾いきれなかったのではないかと思うんですね。

 

神計画(はからい)で、雨を止めてくれたのだと、私達は感じました。

 

こうして、太刀八幡宮にご縁のある薦神社に参拝することが出来て、とても良かったと感じました。

 

導いて頂いてありがとうございます。🙏

 

 

 

 

 

太刀八幡宮 鬼火焚き

令和6年1月14日(日)

 

善光寺区の鬼火焚きが開催されました。

数年コロナ禍で開催されなかっただけに、久しぶりの鬼火焚きとなりました。

 

前日から竹を切り出し、広場に運び、組み上げていきます。

 

高さは6mぐらいは、あるのではないでしょうか。

 

f:id:goodlightsato:20240121143458j:image

 

立派に組みあがりました。

 

当日、朝7時、子供(小学一年生)の手により点火されました。

 

火種は徐々に大きくなり、パーンと竹の破裂する音とともに、火は高く空に舞い上がって行きます。

まるで、火の龍が踊っているかのようです。


f:id:goodlightsato:20240121143454j:image

 

この火の中に、お正月飾りや書初め等が投げ込まれ、お炊き上げをしていきます。

 

年神様ありがとうございます。🙏

 

習字が上手になりますように。🙏

 

焼かれた青竹の葉が、黒くなって、あちこちでつむじ風となって、舞っていました。

 

それを追いかける子供にとっては、普段経験しない異次元の体験になっていますね。

 

竹の破裂する音にも、びっくりしていましたよ。

 

ウキペディアによれば、鬼火炊きという言い方は、九州が多いようです。

 

ja.wikipedia.org

 

左義長どんと焼きなど全国に呼び名があり、この時期に開催されています。

 

国の重要無形民俗文化財に指定されたところもあり、日本の大切な文化ですね。

 

起源も宮中の陰陽師の儀式から、民間に広まった説が有力とか。

 

この大切な火祭りの文化も、善光寺区でも一時開催されない時期があったようですが、なんとか子供会を中心に復活したようです。

 

しかし、少子化の影響や、学校の行事でしょうか別の行事(マラソン大会?)に子供達が参加したこともあり、この日集まった子供達は数人でした。

 

竹が燃え上がり、おき火になると、その火で餅を焼いたり、お肉を焼いたり、楽しい懇親会が開催されます。

 

竹にお酒を注いで「かっぽ酒」を楽しむ大人達。

 

コロナ禍で出来なかった懇親会が盛り上がっていきます。

 

この文化がいつまでも続くことを祈っています。

 

ただ、お酒の飲み過ぎには、十分注意しましょう。

🍶 😊

太刀八幡宮 鎮守の森のフクロウ

令和6年1月9日(火) 朝6時半ごろです。

 

まだ夜明け前の暗い中、いつものように犬の散歩を兼ねて、太刀八幡宮に向かっていた時のことです。

 

「ホー ホー」と聞こえるではありませんか👂

 

最初は犬の遠吠えのようにも聞こえたのですが、太刀八幡宮の森から聞こえてきます。

 

スマホのカメラをビデオ撮影に切り替えて、録音の挑戦です。

 

そして、ついに念願のフクロウの鳴き声を録音することが出来ました。

 


www.youtube.com

 

ちょっと聞き取りにくいかもしれませんが、手水舎の前と後で、フクロウが美しい声を聴かせてくれました。

 

今年は、「福があるよー」と応援してくれたように感じました。🧧

 

この声を聴いた皆様方にも「福」が訪れますように。🙏

 

 

前回、聞いたのは昨年の2月でした。その時は録音の機械を持っていませんでした。

 

goodlightsato.com

 

自然の残るこの鎮守の森を、自然を守りながら氏子の皆さんの憩いの場となるように、皆さんと知恵を出しながら、手を入れていきたいと思っています。

 

名付けて「鎮守の森のフクロウ(福労)隊」なんてどうでしょうか。

 

鎮守の森の勉強も楽しく進めて行きます。

 

フクロウさん

いつか、その美しい姿を見せてね。🙏

太刀八幡宮 令和6年が来た🐉

小雨の大晦日でした。

 

太刀八幡宮は、令和6年を出迎える準備も終え、何年振りかに、参道は竹灯籠に火が灯り、参拝者を本殿へと誘います。

 


www.youtube.com

 

 

そして、午前零時が近づくと、参拝者が小雨の中続々と集まって来ます。


www.youtube.com

 

老若男女、中にはかわいいワンちゃんを抱いて、新年を祝っています。

家族で参拝する方、若者だけで参拝する方など様々ですが、この時間に参拝されるということは、信仰心がないと出来ないことだと思います。

 

神様方は、かわいい我が子を見るように、参拝者達を出迎えているように感じます。

 

明けましておめでとうございます。

 

朝は、小雨もあがり、内藤宮司さんをお迎えして、歳旦祭が行われました。

 


www.youtube.com

 

一晩中、参拝者の対応をして頂いた総代さん達が参道に整列して、神事が執り行われていきます。

 

コロナ禍とインフルエンザが流行しているからでしょうか、今年も福引は開催されませんでしたが、来年こそは福引が開催され、子供達を含めた楽しい歓声が境内を包むことを祈念します。

 

今日までに、多くの方々がこのブログを見て頂いて、本当にありがとうございます。

 

今年も、引き続き太刀八幡宮のあれこれを発信していきますので、よろしくお願いいたします。

 

太刀八幡宮 冬いちごの輝き

太刀八幡宮の北側の斜面(子持ち鳥居の西側)には、この時期、冬いちご🍓がルビーのような輝きで私たちを出迎えます。クリスマスチェリーとも呼ばれています。

 

f:id:goodlightsato:20231229135608j:image

 

小さな実ですが、甘酸っぱさが野生の息吹を感じさせてくれます。

私の大好きな冬の味覚です。

 

昨年は、たくさん実っていて、私の舌を満足させてくれましたが、今年は敷地内に繁殖している竹や杉の枝の伐採により、多くの冬いちごはその下に隠れています。

 

誰が冬いちごを育てているのでしょうね。

鳥が種を落とすのでしょうか。

 

花言葉は、

  • 「真心の愛」
  • 「未来の予感」
  • 「尊重と愛情」
  • 「誘惑」

とあるようです。

 

「華のいわや」さんのブログに花言葉の解説が書かれていますので、一部引用します。

hananoiwaya.jp

 

四つの花言葉それぞれに解説していますが、私には太刀八幡宮の神様が「真心の愛」という花言葉を添えて、恵みを与えてくれたのだと感じましたので、その解説を引用します。

 

「真心の愛」

 

冬にも果実を実らせ、動物達が本当に必要としている時の貴重な食糧となる事から付いた花言葉です。

心からの愛情で接してくれる両親や配偶者などへ贈るのに向きます。

あなたが愛情を注ぐという意味で、子供や配偶者にも良いでしょう。

どんなスキャンダルがあった時も、一貫して応援し続けている芸能人へのファンレターに画像添付しても、意味が合います。

この花言葉が合わないのは、仕事上の付き合いなど、損得で結び付いている人です。

どんな下心があるのかと、警戒させるだけです。

 

今年、太刀八幡宮を参拝した西郷隆盛月照さん・野村望東尼さんの事、そして標柱(しめばしら)に書かれた吉田松陰の言葉などから、「誠」の心の大切さを学び、ブログで発信してきましたが、この花言葉『「真心の愛」で生きよ』という言葉を今年最後のプレゼントとして、神様方が与えてくれたのだと思うのです。

 

簡単なことではないと感じますが、神様方の応援やお叱りを受けながら、これからの人生を生きる指針として、歩んでいきたいと思います。

 

クリスマスプレゼント💝

ありがとうございます。🙏